東京大学LGBT+サークル UT-topos

UT-toposのメンバーが、活動内容や思うことについてブログを書いています。活動内容のご参考にご覧ください。

カラフル・ハウス.23.Feb.2013 内覧レポート

どうも、OG(old gay)のケンジです。


2/23(Sat) 麗らかなる陽ざしの中、カラフル・ハウスという「LGBTフレンドリーなシェアハウス」というコンセプトのシェアハウスの見学会に行って来ました(Good Aging YellsというLGBT系のNPO団体が主催)。@阿佐ケ谷。こういう報告もたまには。


最初に思ったのは参加者・見学者の半数以上が女性だったということ。ゲイって結構ビアンさんとふれあう機会が無いんですよね。あと皆さん大人というか、学生は1人だけでした。

46_8.jpg玄関にはデカい壁黒板

JR阿佐ケ谷駅から徒歩5〜10位かな、2階建ての一軒家に到着。リビングでまず今回の企画を実行している代表の方や不動産屋さんや大家さん等が自己紹介。総勢20人弱の参加者。3グループに分かれて小春日和の中、内覧。総評としては、「奇麗・オシャレ・リーズナブル(多分)」でした。13部屋それぞれ壁紙・内装・採光を考えられているそうで(大家さんは建築もしかしたらインテリアデザインまでなさるそうです)、オシャレでした。フェミニンな部屋から落ち着いた雰囲気の部屋まで。基本は少しポップ路線。

46_1.jpgキッチン・ダイニング/リビング

46_2.jpg

46_4.jpg

46_9.jpg

詳しくは下記の間取り図をご覧下さい。

46_10.png

IMG_3398.jpg

僕は引っ越ししたてで今のアパートから当分動けないので、見学だけが目的だったのですが、1時間くらいの内覧の後、本申し込みまでなさってる人もいるように見受けられました。多分学生とかだったら物件として十分魅力的だなと思いました。そして、代表の方、結構薦め上手w


その後にGood Aging Yellsの方が軽いティーブレイクを設けて頂けていて、この企画の経緯等を聞く事が出来ました。

この企画が持ち上がったのが昨年の夏。Good Aging Yellsのカラフル・カフェという葉山でのビーチ・カフェ企画に大家さんがいらして「シェアハウスしてみない?(土地有るんだけど)」的な話がきっかけで、仲介してくれる不動産やさんも代表の引っ越しをきっかけに見つかり、そこからはトントン拍子というか急転直下というかで話が進み2月末に内覧会まで漕ぎ着けれたらしいです。4月に正式オープンするシェアハウスのようですが、LGBTには先にお披露目という事らしいです。


 これが上手く行ったら、このシェアハウスがパイロットハウスとなって、次々とフレンドリーな大家さん・仲介業者さんとか・当事者に全員にwin-win-winになって凄くいい企画だなとおもいました。いいですね、三者のニーズが噛み合い、経済も回る。個人的には、笹塚辺りに、オシャレでリーズナブルなシェアハウスが出来れば速攻で入居したいと思ってたりします。。


〜〜〜〜〜〜〜〜以下告知〜〜〜〜〜〜〜〜


カラフルハウス #001:Asagaya ~内覧会~

日時:2013年3月2日(土)13:00〜16:00

定員:最大30名程度

対象:LGBTフレンドリーなシェアハウスに入居希望の方/興味のある方


内覧会の流れ

13:00 JR阿佐ヶ谷駅にて集合

13:15~14:15 阿佐ヶ谷の「カラフルハウス #001」に移動し内覧会

14:30~15:45 近くのカフェに移動し詳細の説明会

16:00 JR阿佐ヶ谷駅にて解散


参加申込は、こちらでしているそうです↓

http://www.goodagingyells.net/workshop/001asagaya-1.html


« 2月20日ランチ会@本郷 | メインページ | 3月6日ランチ会@本郷 »