東京大学LGBT+サークル UT-topos

UT-toposのメンバーが、活動内容や思うことについてブログを書いています。活動内容のご参考にご覧ください。

2022年度 5月新歓報告

| コメント(0)
こんにちは!6月に入り、夏らしい日差しの日が増えてきたこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。UT-toposブログです!

今回は、5月21日に開催された5月の新歓イベントのご報告です!
今回も、新入生としてこのイベントにご参加下さったお一人に寄稿いただきました。
新歓イベントの雰囲気を感じていただける内容となっています。ぜひお読みください!


ーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。学部1年のYです。
今回参加させて頂いた5月の新歓イベントについてお伝えしたいと思います。

都内某所の会議室に約30人が集まりました。まず初めに、UT-toposに関する説明を聞き、その後勉強会を行いました。今回の勉強会ではセクシュアリティと障害についてお話で、今までの自分にはなかった視点からセクシュアリティのことを考える機会になりました。とても面白かったです。
その後、グループに分かれて交流を行いました。トークをする机とボードゲームをする机があり、私はトークをする机にいました。途中で席替えもあったのでたくさんの方とお話ができました。話の内容はセクシュアリティに関することから趣味や大学(院)生活のことまで様々な話題について話しました。セクシュアリティだけでなく学年、年齢、学校、出身地(国)も人それぞれなので、今までに出会ったことのない人たちと交流できて新鮮でした。

当事者の皆さんの中で今までに、外見や声で性別を決めつけられたり異性が恋愛対象であることを前提に話が進んでいって傷ついた経験をお持ちの方も多いと思います。ですがUT-toposでは、グラウンドルールが決められており、サークルのみんなが過ごしやすい環境づくりがなされています。またUT-toposに入っていることやサークルメンバーのセクシュアリティなどが外に漏れないよう徹底している印象を受けました。
私も当日会場に行くまでは不安でしたが、実際参加してみると皆さんが温かく迎え入れてくださり自分らしくいられる安心感を強く感じました。とても居心地のいい居場所を見つけることができて嬉しく思います。これからどんな活動に参加できるか楽しみです!


« 2022年度 ジェンダー論登壇報告 | メインページ | 6月 現役生イベント報告 »

コメントする