東京大学LGBT+サークル UT-topos

UT-toposのメンバーが、活動内容や思うことについてブログを書いています。
活動内容のご参考にご覧ください。

なお、toposのメンバーであれば、誰でもブログを書くことができます。記事を書きたいメンバーにはIDを配布いたしますので、ご連絡ください。ブログの更新はこちらからすることができます。なお、個人のプライバシーに関わることは絶対に書かないようにしてください

2022年度 12月 新歓報告

| コメント(0)
2022年も残りあとわずかになりました!
みなさんいかがお過ごしでしょうか? UT-toposブログです!

今回は、12月中旬に行われた、12月の新歓の報告です。
例によりまして、参加者のお一人に寄稿いただきました。
テーマトークの雰囲気を感じて頂ける内容となっております、ぜひお読みください!

2022年のブログは今回で最後となります。
来年も、UT-toposをどうぞよろしくお願いします!💠
良いお年をお迎えください♪


-----------------

こんにちは、12月の新歓に参加させていただいた2年のBです。
先日の新歓の様子を報告させていただきます。

新歓では、まずサークル説明と勉強会があります。UT-toposについて説明していただいた上で、勉強会として日本におけるセイファースペースの試みについてお話いただきました。
その後は、テーマトークの時間が1時間半ほどありました。①ゲームをするテーブル、②雑談をするテーブル、③勉強会の内容について話すテーブル、④ちょっと重い話をするテーブル、の4つがあり、1セット30分で好きなテーブルをまわることができます。自分は④→③→①の順番でお邪魔させていただきました。

UT-toposのみなさんとお話しする時間は本当に楽しくて、とても居心地の良い場所でした。
自分以外の当事者の方とゆっくりお話しする機会はこれまで多くなかったので、様々な踏み込んだ話をすることができました。「自分だけじゃない」ということを知ることができた良い機会でしたし、逆に同じセクマイとはいっても全く違う経験をしている人がいることに気付かされもしました。UT-toposには本当に様々な方がいます。みなさんの話を聞きながら、自分の身の上を改めて考えることができました。

自分を温かく迎えてくれる場所があるということは、それだけでとても支えになります。自分は直前まで参加するか迷っていたので、12月の新歓で出られてよかったと思ってます。
これからの活動も楽しみにしています!!



2022年度 11月新歓報告

| コメント(0)
こんにちは!日増しに寒さが厳しくなっていきますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
UT-toposブログです⛄️

今回は、11月に都内レンタルスペースにて開催された、11月の新歓イベントの報告です!
参加者のお一人に寄稿いただきましたので、ぜひお読みください!

_________________________



こんにちは!ぼくは新入生としてUT-toposの新歓に参加した学部3年のvです。
11月に開催された新歓についてお話をします。

新歓は、サークル説明、勉強会、テーマトークとボードゲームから構成されていました。
勉強会では、TOPIAで開催される読書会についてのテーマでした。新歓が開催される以前に本屋のブースで見かけた本が紹介されていて、興味深かったです。
ボードゲームとテーマトークは並行で行われ、各テーブルごとに何をするかが分けられていました。また、テーマトークも軽い話から重い話、勉強会についてと分けられていました。

ぼくは最初、軽い話題について話すテーブルで学部でやる勉強の話や、toposに入ったきっかけ、推しいますか?など打ち解ける話題についてたくさん話しました。そもそも自分は東大生ではなく、インカレサークルであることを知って入ってきました。留学生や他にもいろんな所属の人がいました。カミングアウトすることはなく、しかし配慮し合う空気が感じられ、優しいなと思いました。
次に、重い話題について話すテーブルにつきました。ぼくが普段使う声を変えるためにボイストレーニングをしたことや、「もしマジョリティになれるボタンがあったら?」という質問についてみんなで考えました。人それぞれにさまざまな視点があり、とても深い議論ができました。ここでも、違う意見を持つことをお互いに尊重し合う雰囲気が当たり前のようにあり、この中ならずっとこういう話をしていたいな、と感じたところで時間が来てしまいました。

UT-toposではDiscordでも活動をしていて、ほぼ毎日誰かが通話していて交流が盛んです。テーマトークなどのイベントもあり、話し合ってお互いを知るきっかけがあります。いずれも強制参加ではなく居場所としてとても良いです。これからも、自分を学んだり、視野を広げるきっかけとしてイベントに参加したいと思います。


2022年度 10月新歓報告

| コメント(0)
こんにちは!UT-toposブログです!

遅くなってしまいましたが、今回は10月に都内イベントスペースで行われた10月の新歓イベントの報告です!
新歓の時点ですでにUT-toposメンバーであった、現役生の一人から寄稿いただきました。

新歓で行われている「勉強会」などについて、その趣旨や内容を知っていただける内容となっております🔍
ぜひお読みください!

_____________________________


こんにちは。学部2年のMです。
10月の新歓に参加しましたので、その内容をお伝えしたいと思います!

新歓の流れとしては、普段通り、
団体説明
ミニ勉強会
テーマトーク or ボードゲーム (30分ずつ、3セット)
入会案内
という順で行われました。

私自身が新入生として緊張しながら参加した日のことを思い出しながら、初めてお会いする新入生の皆さんや、久しぶりにお会いする現役生の方々と楽しい時間を過ごすことができました。
中でも、今回私が特に印象に残っているのが、ミニ勉強会です。
UT-toposは、学内や社会に対する働きかけを行うサークルではなく、当事者の居場所となることを目的とした「居場所型サークル」ですが、イベントに参加する全員にとってより安心できる居場所として機能するように、新歓の最初に、LGBTQ +に関連したトピックに関するミニ勉強会が開催されています。
有志の方が準備してくださった発表を聞き、希望者はその後のテーマトークの時間で勉強会のトピックについてお話することもできます。

今回は、サラ・アーメッドのエッセイから「クィアの生存」についてを考えました。
エッセイを通して人文学的アプローチでクィアな在り方について学ぶことが新鮮で、とても充実した時間でした。テーマトークでも、発表者さんや他の参加者さんと一緒に考えたり実体験を共有したりすることができ、自分でも書籍を手に取ってみたいと強く思いました!
私自身、社会学や人文学に興味はありつつも、腰を据えて勉強する機会をあまり得られずにいるため、有志の方の発表を通して勉強する機会をいただけるのがとてもありがたいなと感じています!

そのほか、テーマトークでは趣味の話から将来の目標の話まで、さまざまなトピックをお話しして親睦を深めることができました。
また、ボードゲームには私は参加しませんでしたが、カードゲームやスティッキー(卓上棒倒し)などで盛り上がっていました!

今回参加して、それぞれの話したいこと、話したくないこと、やりたいこと、やりたくないことが尊重され、思い思いの過ごし方ができる新歓の雰囲気が素敵だなぁと改めて思いました。
次の新歓イベントにもぜひ参加できればと思います!


« Aスペクトラム会 報告 | メインページ